音楽やDTM、動画やWEBサイトお役立ち情報を中心にお届けしたいと思っております。

ドンキで5000円以下で買えそうなBluetoothはこれだ!

2020/05/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -

Bluetoothスピーカーが欲しい

Bluetoothスピーカーが欲しい。その欲望にかられました。家の環境がPCだけなのでこれ以下はあるまいと、かつスペース取らず自由に置けるのがいいのでBluetoothにしようと思いました。なんでもいいけどやっぱり質にもこだわりたい。

質にこだわってないけどいい音で聞きたい。

極論スピーカーの良し悪しは大きさに比例します。しかしなかなかどうして、低音ブーストでmp3等の粗い音も迫力あるサウンドで聞けるんですよね。ANKERのスピーカー等、5000円を切る値段でいい音です。

Anker soundcore2

ANKERみたいなコスパのいいスピーカーはないのか?

ANKERといえど5000円しますから、ブラックフライデー、サイバーマンデー等のセールで3000円で買いたい所です。しかし、今日スピーカーが欲しい場合どうしたらいいのか?答えは激安の伝道、ドン・キホーテにあるような気がしてきました。

来たのはドン・キホーテ。ドンキにあるBluetoothスピーカーは?

ドンキにどんなスピーカーがあったのか?見てみましょう。

Urban notes/¥2980

めっちゃレジの脇にあり主張してくるのが、こちらです。日本の企業が中国で製造していると書いてありました。しかし、仕様やw数を見ると低音もそこそこ出そうです。カラフルで他にもいろいろありました。

ソニーSRS-X01

こちらは天下のソニーのポータブルスピーカー。手のひらサイズで持ち運びが便利な上防水。レビューを見ると音も良いようです。低音がこの手のサイズではNo.1だとレビューにはありました。しかし店頭では¥4000以上します。

Anker soundcore sport

アンカーもスポーツタイプが出ており、かなり良さそう。

JBL GO2

こちらをコスパ最強に挙げる方も多いかと思います。色もカラフルに色々出ており女性にも似合いそう。どれも聞いてみたいですが、買うのは1つです。どうしたらいいのか?家電量販店で試聴できる事を思い出しました。

家電量販店で実際に繋いで試せる!

数千円のスピーカーにそこまでするのはといかがなものかと思いますが、私はやりましたよ。結果、それぞれの特徴がありました。アンカーは中音域、JBLはドンシャリ、ソニーは低音を重視いるように聞こえました。しかし、競合他社ひしめく家電量販店には大きな落とし穴があったのです!

上層の機器の音が良すぎる!

せっかく電気屋に来たからいい音にも触れておきたい…と思った私がそもそも悪かったのです。一流ブランドの意地とプライドが生み出す最新機種にカミナリに撃たれました。

ソニー SRS-HG10BM

はっきり言って名機。

Bluetoothスピーカー=これとも言われる、はっきり言って名機。音響、利便性、まさに最高級。とくに出力の迫力はお世辞抜きにガソリンスタンドのBGMスピーカーとして使えます。これが店頭でお出迎えしたらたまりません。

Bose soundlink Micro

現代に脈々と受け継がれる創業者ボーズの哲学。

これは番外編ですが、はっきり言ってコスパ悪い気がします。1万4000円で棚置きできないスポーツタイプでありながら6時間再生はやや他社製品からやや見劣りします。しかしながらそれを気にも止めないハイレベルなサウンドです。まるでフェスの会場のような臨場感をポータブルスピーカーに落とし混んだ唯一無二の機種でしょう。

結局これにしました!

バッテリー🔋が24時間も持つ、これですね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 売るべきものはこれだ!! , 2019 All Rights Reserved.