音楽やDTM、動画やWEBサイトお役立ち情報を中心にお届けしたいと思っております。

ビートルズ 「必見?!「映画YESTERDAY」の見どころ(ネタバレなし)

2020/05/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「映画YESTERDAY」観ましたかね?

映画館行ってみましたが、カップル向けっぽい広まり方だなと思いました。

POPなラブコメという宣伝もあり、長年ビートルズを愛徴してきた方々は構えてしまうかも知れません。しかし、スタッフのビートルズ愛を随所に感じる映画だと思いました。オイシイとネタバレせず見どころをまとめてみましょう。

 

sound trackがいい!

sound trackは誰もが知っているのでアップしても良いでしょう。

オアシス的な現代的な解釈がされており、初めて聞く人にも最適かつベテランも改めて世代を越えた名曲であると思うでしょう。

ビートルズ リアルタイム世代を疑似体験

映画のストーリーは主人公ジャック以外がビートルズを知らない世界なので

改めて世に出る瞬間が数多描かれており、名曲誕生の瞬間を追体験できるような視点で観る事ができます。

 

セリフやストーリーに混在する曲名や歌詞のヒント

セリフの言い回しにもビートルズの曲や歌詞にちなんだ言い回しや展開が随所にちりばめられており、玄人にも向けられている点です。

ビートルズを忘れた世界では、主人公が必死に曲を思い出すためにゆかりの地を訪ねたりして名曲誕生の背景も知ることが出来ます。

 

オアシスは消えてストーンズは残る!?

ビートルズがいない世界ではビートルズに影響を受けたバンドは消えているのがコメディとしてでなく音楽史として考察が面白い点だと思います。

背景が分からないが他にも色々無くなっているので

ストーンズはデビュー1歩遅いですがオリジナル結成はビートルズより早いので、当然存在したことになりますが、ビートルズを意識したことは間違いないので、方向性や運命は変わっていたと思われます。

oasisは笑うところでしょう。

ただ、ビートルズも色々な要素をかき集めて成り立っている節があるので、ビートルズなき世界でもビートルズに代わる何かが産まれていた可能性があります。歴史にIFは付けられない、分からない点ですね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 売るべきものはこれだ!! , 2019 All Rights Reserved.