DTM奮闘記、プラグインや機材レビュー、VOCALOIDやオリジナル完成までの道

KのDTM奮闘記

プロの選曲家がオススメ!2022年聴くべきjpop&洋楽200選♪デートの話題作りにも❤️

 

歩くアーカイブス(保管庫)と呼ばれている。
聴きたいものとかジャンルとか雰囲気や用途を教えてくれたら、ピッタリな選曲を即座にいくつか提案できる自信がある。特に、これからバズりそうな、最新のjpopが得意だ。一つ二つ出せばデートの話題作りにもなる。

東京に来て12年になる。
音大生である内は、音大生であるだけでモテた。僕には無限の可能性があった。音楽家として売れるかもしれない。教師になって生涯にわたって安定を得るかもしれない。大手音楽制作会社で若いうちから何千万も稼ぐかもしれない。賞を取ってで学会の壇上に上がるかもしれない。
でも、そうはならなかった。就活が無慈悲にも始まった。水や空気ほどありふれかつそんな需要もないそんな学歴では、せいぜい業界何位かも分からないTV制作会社に入って年収400万を貰うことしかできなかった。その程度の学生生活しか送っていなかった。

誇るものがなくなった。当然モテなくなった。合コンにも呼ばれなくなった。現実から逃れる様にTSUTAYA通った。それでも満たされる事なく、出会い系アプリで嘘をついた。

はじめまして!
渋谷在住で、TVディレクターをやっています。
趣味はフットサルと読書(最近はビジネス書ばかりだけど笑 )です。高校はサッカー部でした。
おいしいごはんが好きです!

Tinderにデカデカと卒業大学を載せた。それでそれなりに釣れた。

毎週金曜と土曜と日曜はTinderのアポを待つ間TSUTAYA、タワレコで時間を潰した。他にやることがなかった。遊んでくれる人もいなかった。TSUTAYAに居る時だけはその現実から目をそらすことができた。棚の”あ”から”Z”まで聞き倒した。何でもよかった。

薄っぺらい会話ばかり得意になった。Twitterトレンドや時事ネタjpopばかり詳しくなった。ネオ大衆酒場でキンミヤのボトルを頼むのが一番コスパがよかった。”忙しい業界人”というキャラを作って貧乏を隠した。タクシーを乗る前に終電で帰りたかった。

毎回同じ店に行っていると「またか」という顔でバカにされる気がしたから、毎回違うお店に行った。渋谷とか新宿とかが多かった。高円寺は安いから助かった。シャンパンがある店は避け「ここ○○おいしいんだよね」と気取った。

jpopとコスパ良い店ばかり詳しくなった。TikTokのグルメアカウントみたいなのをフォローしてInstagramでパクった。300いいねくらいまで行く事があった。実際にかなりの数のお店に行った。毎回二人で一万円くらい払った。スッキリして飲みやすい白ワインをボトルでお願いします。できれば3,000円以下のやつで。

仕事もうまくいかなかった。転職しようにも先がなかった。相変わらず友達も趣味もなかった。渋谷の地の果てで窒息しそうだった。憩いの場所はTSUTAYAだけだった。掃除のおじさんに覚えられてエレベーターで挨拶した。

東京と自分とのつながりは、お店探しくらいなものだった。インフルエンサーの真似をしてグルメアカウントみたいなのをツイッターで始めたらそこそこ伸びた。有料noteも多少は売れた。

高い寿司を食っている連中を見るとムシャクシャした。高円寺のロック好き連中と絡んで「コスパ最高!」とイキった。でも僕にはこれしかなかった。その程度の人生にしたのは自分のせいだった。やがてどんどん薄っぺらい話をするようになり富裕層だけでなくサブカル音楽好きな飲み友達からもブロックされた。苦しみを紛らすようにTSUTAYAへ行った。

僕が歩くTSUTAYAです。なんでも聞いてください。オススメの音楽教えますよ。今年で30歳になります。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© KのDTM奮闘記 , 2022 All Rights Reserved.