音楽やDTM、動画やWEBサイトお役立ち情報を中心にお届けしたいと思っております。

ポーダブルHDDフォーマットの方法と形式、DTM外付け使用のお話

 
この記事を書いている人 - WRITER -

音源やDAWのセッションデータを一括して管理

パソコンの音源やDAWのセッションデータは外付けハードディスク(HDD)に保存がオススメです。パソコン自体にもメモリがありますが、データ管理がしやすい、PCの故障や買い替えた時にも環境ごと移動ができます。他所のPCでもソフトさえあれば作業が可能になり、出生作業も可能に。逆にHDD側が故障や紛失に備えてバックアップも取っておいたほうが良いかと思います。

外付けハードディスク/SSD /HDDのフォーマット手順(Mac)APFSなどの形式の違い

Mac OS対応でフォーマットする場合は、[APFS]や、Mac OS拡張(ジャーナリング)]を選択します。Windowsと両方対応できる、 exFAT形式でフォーマットする場合は、[exFAT]を選択します。 [GUIDパーティションマップ] を選択します。 [消去] をクリックします。

では、ディスクユーティリティの使い方を見ていきましょう。

ディスクユーティリティを立ち上げる

Launchpad の 「その他」から「ディスクユーティリティ」を立ち上げます。

現在のフォーマットを知る

フォーマットしたいSSDやHDDがなにでフォーマットされているか見てみましょう。
サイドバーから、知りたいボリュームを選択します。
四角で囲まれた部分を見ると、現在のフォーマットが分かります。

フォーマット形式について

フォーマットの種類や方式は、色々とあって厄介なので、一覧でまとめました。

フォーマットの種類について

まず、フォーマットの種類になりがあるか紹介します。

  • APFS : Apple File System の略。Mac OS拡張フォーマット(HFS+) の根本的な問題解決が目的。 macOS High Sierra から導入された。macOS High Sierra より前の OS では使えないらしいが、今ではHigh Sierraよりも前のOSを使っている人も少ないと思うので、普通はAPFSを選ぶのがおすすめ。また、APFSはSSDに最適化されているが、HDDでも使用可能。
  • APFS(暗号化) : APFS の使う時にパスワードが要求されるようになるバージョン。 macOS High Sierra以降のOSを使っていて、SSDを持ち運びたい人におすすめ。
  • APFS(大文字/小文字を区別): OSを入れる SSDやHDDで大文字/小文字を区別すると、一部のアプリが動作しなくなるので注意。
  • APFS(大文字/小文字を区別、暗号化) : 上と同じで、OS を入れるSSDやHDDで大文字/小文字を区別すると、一部のアプリが動作しなくなるので注意。
  • Mac OS拡張(ジャーナリング) : macOS High Sierra より前の OS も使いたい場合、こちらのフォーマットにしておかないと読み込めないとのこと。
  • Mac OS拡張(ジャーナリング、暗号化) : Mac OS拡張(ジャーナリング) の使う時にパスワードが要求されるようになるバージョン。
  • Mac OS拡張(大文字/小文字を区別、ジャーナリング) : OS を入れる SSD や HDD で大文字/小文字を区別すると、一部のアプリが動作しなくなるので注意。
  • Mac OS拡張(大文字/小文字を区別、ジャーナリング、暗号化) : 上と同じで、OS を入れる SSD や HDD で大文字/小文字を区別すると、一部のアプリが動作しなくなるので注意。
  • MS-DOS(FAT) : WindowsでもMacでも使用したい人。4GB以上のファイルを扱うことができないので注意。
  • exFAT : WindowsでもMacでも使用したい人。上述したMS-DOS(FAT)では4GB以上のファイルを扱うことができないので、WindowsでもMacでも使用したい人はexFATがおすすめ。
  • 方式について

    方式はこの三つです。大抵の人は GUID パーティションマップ を選べばいいと思います。 Windows も使いたいなら マスター・ブート・レコード を選ぶのが無難だと思います。

    • GUID パーティションマップ : IntelベースのMacを使用している場合はこれ。
    • マスター・ブート・レコード : Windowsも使いたいならこれ。でも一応GUID パーティションマップでも Windows で読み取れる。(読み取れない場合も結構あるみたいなので注意。)
    • Apple パーティションマップ : PowerPCベースのMacを使用している場合これ。

ディスク、コンテナ、ボリューム……どれを選択すればいいの?

フォーマットをしようとして最初に迷うのが、ディスク、コンテナ、ボリュームの、どれを選択してフォーマットすればいいのか、というところです。
(SSDはディスクなのか……とは思いますが、擬似ディスクドライブとも言われるので、ここではディスクとします)

SSDやHDDの全体をフォーマットする方法

では、実際にSSDやHDDをフォーマットしてみましょう。
まず、SSDやHDD全体をフォーマットする方法です。

フォーマットしたいSSDやHDDを、下の画像のように選択します。
(もしAPFS以外でフォーマットされている場合、「コンテナdisk○」のようなものは表示されません)

そして「削除」をクリックします。

ここで、名前、フォーマット、方式を選ぶことができます。

APFSからのコンテナという概念で、フォーマットにすこし戸惑うかもしれませんが、コンテナはパーティションのことだと考えれば、ディスクユーティリティの表示も理解しやすいのではないかと思います。

SSDやHDDの全体をフォーマットする際の名前に注意‼︎

”名称未設定”になっており、こだわり無いからいいやとそのままにしがちですが、半角英数字にしてください。一部のアプリが動作しなくなるので注意。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© KITAZAワールド , 2021 All Rights Reserved.