音楽やDTM、動画やWEBサイトお役立ち情報を中心にお届けしたいと思っております。

学びを結果に変えるアウトプット大全/樺沢紫苑(著)を読んで思ったこと

2020/05/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -

学びを結果に変えるアウトプット大全/樺沢紫苑(著)というのが売ってました。電車の広告看板でビビって来たものをチェックする感じです。購入者や著者のネタバレにならないよう、立ち読み形式で徒然なるままに呟いていくスタイルです。

大切にして意外にできないアウトプット

本を読んで物知り博士になったところで、他人にとっては図書館にはなりません。本は自分の引き出しのネタでしかないので、読んでどうするか、つまりアウトプットが大切です。

何を取り入れ、どうアウトプットに繋げていくか

アウトプットはめんどくさいです。ただネットをみたりテレビやゲームしている内に1日が終わってしまいます。それでは我々が憧れるYouTuber、クリエイター、ブロガーの道からは遠い。その目的が見えたとき我々は変わらないとならないのです。すなわち行動を変えることだと思った。

行動①SNSをやめたい。

SNSほど時間を浪費するものはありません。何となく見ちゃうし、友達どうなってんのかな、みたいなやらないと社会にも存在してないような錯覚に陥ったら依存性予備軍です。

友達をミュートしてみる

友達の動向が気になって気になってしょうがないのでブロックはヤバイのでミュートしてみた。するとなにもお知らせが来ない。本当に必要な情報をくれるユーザーもいると思うので、その時はプロフィールに飛んで楽しむことに。

②テレビやラジオをやめたい。

何となくテレビやラジオをつけて時間を消費することがありますが、これも困ることですが、たまに役に立つから捨てがたいのです。ならば観たいテレビをあらかじめ決めておく。 友達に教える、勉強する、ブログのネタにする等アウトプットを決める。 このような行動を少しずつ変えて行ってアウトプットできる時間帯や効率を考えよう!ということが解説してある本なのかと思った。

何を取り入れアウトプットしたらいいのか。

これを私が語っちゃたら本のレビューなりませんが、日頃インプットしない人間はいない気がします。ご飯食べ、どこかに行き、生活している。 しかし、何となく右から左で、記憶はうろ覚え時間だけが過ぎちゃう。 結論印象に残った事をアウトプットするしかないのであれば、やりたいことを優先してやり、かつ記録に残すことではないでしょうか。

本は買いなのか?

わかりませんが、アウトプット人間になるには傍観者をやめること。つまり何かきっかけで買って詳しく読んでみることで変われるかもしれない。

学びを結果に変えるアウトプット大全
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 売るべきものはこれだ!! , 2019 All Rights Reserved.