音楽やDTM、動画やWEBサイトお役立ち情報を中心にお届けしたいと思っております。

現場でよく使うProtoolsのショートカットを一覧にまとめました!時短方法

2020/05/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -

スタジオでProtoolsをよく使うと思うのですが、使っていない人もいると思います。急な移動やスタジオの業務についたとき最低何を覚えたらいいだろうという方の為に

今回は、最低限必要な操作、またはProtoolsでの作業スピードUPのために役立つショートカットキーを一覧にしてみました!

基本操作編

まずは基本操作をおさらいして最低限作業できるショートカットを身につけましょう。

定番のショートカットキー

 

再生&停止

 

再生&停止:スペースキー

ちなみに「Shift+スペースキー」で1/2倍速再生できます。

再生位置をスタートに戻す

再生位置をスタートに戻す:returnキー

上書き保存

上書き保存:⌘+S

取り消し&やり直し

取り消し:⌘+Z

やり直し:⌘+Shift+Z

コピー&ペースト

コピー:⌘+C

ペースト:⌘+V

早送り&巻き戻し

⌘+テンキー②:早送り

⌘+テンキー①:巻き戻し

長押しで早送り巻き戻しになります。

1回押しで1小節ずつ再生位置が動きます。

ボーカルエディットのときなど、意外と役に立ちますよ!

セッション作成

セッション作成:⌘+N

Protoolsのセッション作成をすると、任意の場所にProtoolsセッションの入ったフォルダが作成されます。

他DAWに比べて、わかりやすいつくりな印象です♪

トラック作成

トラック作成:⌘+Shift+N

【トラック作成画面でのショートカットキー】
⬆︎⬇︎:トラック作成個数の変更

⌘+⬅︎➡︎:mono、stereoの変更

⌘+⬆︎⬇︎:トラックの種類の変更

⌘+Shift+⬆︎⬇︎:トラック作成を増やす&減らす

スマートツールに切り替え

スマートツールに切り替え:F6、F7、F8のどれか2つを同時押し(or⌘+7)

Protoolsの基本ツールです。

トラックのカーソルの位置によって、自動でツールが切り替わります♪

Protoolsのスマートツールを扱えるようになるだけで、波形編集のスピードがUPしますよ!!

 

ペンシルツールに切り替え

ペンシルツールに切り替え:F10(or⌘+6)

F10を押すとペンシルツールに切り替わります。

波形を拡大してリップノイズを除去するときなどによく使います。

ペンシルツールの状態でF10を押すとペンシルの種類が切り替わります。

モードの変更

F1:シャッフルモード

F2:スリップモード

F3:スポットモード

F4:グリッドモード

スリップモードとグリッドモードをよく使います。

スリップモードでは、クリップを掴んで移動させるときなどに小節線を無視して自由に移動させることができます。

グリッドモードでは、小節線に合わせてクリップを移動させることができます。

スリップモードの時、Optionキーを押しながらでグリッドモードのように編集することが可能です。

グリッドモードでも、Optionキーを押しながらでスリップモードのように編集できます。

覚えておくとけっこう便利ですよ♪

ミキサー・編集画面の切り替え

ミキサー・編集画面の切り替え:⌘+=

使っているキーボードによって、「⌘+=」で画面の切り替えができない場合があります。

そういう場合は・・・「⌘+Shift+=」で切り替えることができます。

トラックソロ&ミュート

トラックソロ:Shift+S

トラックミュート:Shift+M

セレクターツールで選んでるトラックを、それぞれソロ・ミュートに切り替えできます。

オーディオファイルのインポート

オーディオファイルのインポート:⌘+Shift+I

定番なショートカットキーはこちらですね!

そのほかにもオーディオファイルをインポートする方法があるので紹介しようと思います!

ワークスペース呼び出し:Option+I

ワークスペースという機能です。(※古いVerの場合、ない可能性があります。)

⬆︎⬇︎でカーソルを合わせて、スペースで視聴しながら貼りたいオーディオファイルを選べます。

気に入ったのを見つけたら、セッションに貼り付けるだけで読み込んでくれます!

バウンス(書き出し)

バウンス(書き出し):⌘+Option+B

インターリーブ:ステレオで書き出し

モノ(合計済み):モノラルで書き出し

マルチモノ:LとRの音をそれぞれ書き出し

他のDAWに比べて、名称が少々わかりづらいかもしれませんが、画面自体はかなりわかりやすいと思います。

書き出したい範囲を選択して書き出し実行で書き出し開始されます。

通常、実時間での書き出しですが、左下の「オフライン」にチェックを入れると時間短縮で書き出すことができます。

波形編集編

波形(クリップ)をカット

選択部分で波形(クリップ)をカット:⌘+E

選択部分の前の部分を消す:A

選択部分の後の部分を消す:S

⌘+E以外にもA,Sを使えるようになると、かなり作業スピードが上がります。

フェード作成

フェード作成画面:⌘+F

選択範囲にフェードをかける:F

主に使うのは、範囲選択して「F」です。

フェードかかってる部分をダブルクリックでも、フェード画面を出すことができます。

また、フェードのかかり方はスマートツールの状態で編集可能です。

サンプル単位でクリップを動かす

選択している波形(クリップ)を左方向に動かす:< (仮名文字「ね」のキーです) 選択している波形(クリップ)を右方向に動かす:>
(仮名文字「る」のキーです)

画像のように設定いじって、ショートカットキーで選択しているクリップを移動させることができます。

録音編

録音開始

録音開始:テンキー③

トラックの録音ボタンがONになっているトラックの録音が開始されます♪

ショートカットキーを使わない場合の手順がめんどくさいので、ショートカットキーが活躍します。

クイックパンチのオン・オフ

クイックパンチのオン・オフ:テンキー⑥

クイックパンチがオンの状態で再生開始して、テンキーの③を押すと押したタイミングで録音開始されます。

前のフレーズは残しつつ、部分的に録音したいときなどに使えるモードです。

使いこなすのが少し難しいですが、使いこなせるようになると録音の作業効率UPしますよ!!

クリックのオン・オフ

クリックのオン・オフ:テンキー⑦

いろいろな作業時に使えるショートカットキーです。

クリック音鳴らしていたい時、鳴らしたくない時、場面ごとで使っていきましょう。

ちなみにクリックトラックは、「トラック→クリックトラック作成」でつくれます。

「設定→初期設定」を開いて、セッション作成時にクリックトラックを作成する設定がオススメです。

 

まとめ

今回の記事ではスタジオ業務で、Protoolsのショートカットキーを厳選して紹介させていただきました。

これだけ覚えておけばスタジオの作業は滞りなく行えます。

その理由は、100%Protoolsを使うわけではないですし、求められるスキルは様々です。つまりレコーディングなりを完成させることが最優先。なので最低限の操作をマスターして

ぜひ、使えるようになって作業効率アップを目指していきましょう♪

また、より詳しいショートカットのまとめはこちらでまとめました。

ProToolsショートカット一覧

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 売るべきものはこれだ!! , 2020 All Rights Reserved.