音楽やDTM、動画やWEBサイトお役立ち情報を中心にお届けしたいと思っております。

youtuberが良く使っている動画編集ソフトは?!

2020/05/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -

youtuberみたいな動画を作ってみたい!!

という方も多いんではないでしょうか。

なんとなくかっこいいですし、ビジネスにも結び付きかねません。

お友達からこんなサイトを見せてもらいました。

人気ユーチューバー総収入ランキング

www.tuber-town.com/

 

すごいですね!!

じつは私、たまたま以前の仕事の縁でとある現在ではYouTuberの方にPCの講座を受けたことがあるんです。

10年ほど前なのでこれからはそういう時代となりますと言われてもピンときませんでしたが、

こういうことだったのですね・・(;^_^A

 

しかし!!まだまだ奥手社会のニッポン、比率としてウォッチャーに対してアップローダーが少ないのではと感じます。つまり・・今からでも遅くないんではないでしょうか?!

どんな機材を使えばいいの?!

なんとなくあんなことができたらいいけど、なんだか難しそう、時間がかかりそう、かかる費用は?!

など疑問は尽きないと思います。ググっても難しいことがいっぱい書いてあるしぴんとこないし、

ま、夢の中の人たちでしょ!とあきらめてしまっているのではないでしょうか。

 

そこで!!日本一めんどくさがりを豪語する筆者が

最もめんどくさくない効率の良い準備の方法を惜しげもなく教えます!!

カメラは最近では安いものでもいいものが沢山出ているし、紹介動画も多いので省きます。

PCは、MacかWindowsでは扱えるソフトが違いますので、分けて書こうと思います。

灯台下暗し!?

WindowsムービーメーカーやMacのiMovieではだめなのか?!

 

いや、いいと思いますね

ムービーメーカーはWindows、iMovieはMacに元々ついている動画編集ソフトです。

どんな事ができるのかというと・・

・ビデオ素材を取り込む
・不要な部分を削除(トリミングといいます)
・タイトルやキャプションを入れる
・BGMを入れる 
・画像を入れてスライドショウを作る

なんと・・

YouTuber動画に必要なことはできてしまします!

元から入っているなんてすばらしい!!

よくよく考えて必要性があるから入っているんでしょうね。

 

しかし!!

 

一部の経験者は疑問に思うと思います。

「YouTuberの上げている動画となんか違う・・?!」

と感じた方はさすがです、目の肥えた経験者でしょう。

 

何が違うのか?

テロップのバリエーションが少ない

字幕を入れるパターンがカスタマイズできず、つまりこれができません

クオリティーをこだわりたい人にとっては致命的ですね。

他のソフトと併用して入れられないことはないです。が私は

面倒くさい

と思います。毎日投稿したい人にとっては時短は最重要課題ではないでしょうか。

無料にこだわってiMovieを使い続けることはお勧めできません。

 

また、話ながら他の画像や動画を挿入するようなこと音声とBGMの微調整編集の微調整もできません。編集ソフトがあれば簡単にできる事も、ムービーメーカー等ではほとんどできないのです。できることが少ないので表現力が限られています。

素材に依存する
編集機能が少ないので、できるだけ編集しないビデオを撮ることが必要になります。スピーチでは間違えないように、撮影素材もあとで修正しないように気を付けなければいけません。

 

以上のデメリットがないフリーの動画編集用ソフトはあります。

AviUtl

AviUtlの易しい使い方 | AviUtlを中心に動画全般の事を解説するサイト

使えないことはありませんが、やっぱり面倒くさい

と思います。素材依存する問題もあります。

いいカメラと録音機材があればそれに越したことはないのはどのソフトでも言えますが、音圧や画質を後から直す事はそこまで意識しないのであれば、お好みで使うことはできます。これメインのYouTuberも多くいらっしゃると思います。

 

編集がたやすく、多くの人が使っているであろうソフトをご紹介します!!!

廉価なビデオ編集ソフトが出ています

以前は、動画編集ソフトといえば数万円もかかるものばかりでした。その割には操作性が悪く、なかなかお勧めするソフトがなかったのですが、今ではパソコンの処理スピードも上がり、ソフトウェアも機能が向上しています。
初心者にも購入しやすい価格帯になり、マニュアルも市場に多く出回るようになっています。
少しの投資をするだけで元が取れるようになっています。無料だからと言って、ムービーメーカーをわざわざ使うことはないのです。
これから動画を継続的に作ろうと思うのなら、編集ソフトを購入しておくことをお勧めします。

1万円を切る、解説本がついた編集ソフト

動画作成をこれから始めようという方におすすめのソフトはこちらです。
Movie Studio 13 Platinum
Movie Studio 13 Platinum 半額キャンペーン版 ガイドブック付き

Movie Studio 13 Platinum 半額キャンペーン版は7000円を下回る値段です。
しかも、このセットには2000円相当の図解入り解説本が付いています。使い方も細かくわかる、初心でも本格的な動画ができるソフトウェアです。上記の動画もこのソフトウェアで作成しました。
Movie Studio 13 Platinum 開発元はsony。Vegas Movie Studio という名前で以前は販売していました。
Sonyの映像機器にバンドルされていたソフトですので、基本的なビデオ編集はこの1本でOKです。

Adobe Premiere Elements 14 日本語版

映像制作のプロ用編集ソフト Adobe Premiere CCの廉価版です。10,000円を切る価格まで下がっています。
殆んどのビデオ編集操作が可能です。難点は機能が多すぎること。そのため初心者には、解説本が無いと操作方法は理解できないということです。別途解説本を購入し、操作をマスターして下さい。またメモリが8GB、CPUが低いPCでは動作が遅いようです。

 

結論はどうなの!!どれがいいの?!

iMovieになれた方は

Final Cut Pro X(公式サイト)

が使いやすいという方も多くいらっしゃいます。

ヒカキンもこれを使っていると言われています。

僕もこれが最もめんどくさくないソフトだと思います。何となくやりたいことがアイコン表示され説明書なしで感覚的に使うことができ、有料と言っても安い方だと思います。

 

しかし、Mac限定のソフトということもあり、Macなんて洒落たものを持ってないユーザーも多くいらっしゃいます。

 

行きつくところはAdobe PremiereProCC か?!

プロの映像編集の現場で多く用いられているのがAdobe Premiereです。

大体のことができ、MacもWindowsも使うことができます。

 

Final Cut Proを使いこなしていくうち、たいていのことが指先一つでできつつも、「ここをちょっとああしたい」という局面にぶち当たると思います。iMovieからそうですが、トランジョン等の効果もある絵程度の編集バリエーションがありながらも、よくできたテンプレートでしかなくカスタマイズ不能で、多く動画を上げていくにつれユニバㇾならぬFinal Cut Proバレが起きてしまいます。目の肥えた方なら「あら~」と思ってしまいます。

YouTuberならばそんなことまで求められないかもしれませんが、基礎が分かり切った状態であえて携帯アプリで編集してるものとか、個人的にありだと思いますが。投稿は内容が第一だと思います。

 

Adobe Premiereは確かに専門性を有しますが、最も時間を要する「カット編集」がショートカット等を駆使し、いったん操作に慣れてしまえば鬼時短できます。

 

Adobe Creative Cloudのメリット

Adobe Premiereは、ソフト自体はウン十万します( ゚Д゚)やってランねえ!

Creative Cloud という月額定額制のサービスがあります。これの説明をします。

価格の概要

まずは簡単に価格の概要を説明しましょう。

年間契約の場合、月額は5,000円。
つまりは年間60,000円。
(ちなみに月間契約の場合は月8,000円です)

高い。確かに高いでしょう。
でも、この金額を支払えば・・・

  • Photoshop CC
  • Illustrator CC
  • InDesign CC
  • InCopy CC
  • Flash Pro CC
  • Dreamweaver CC
  • Premiere Pro CC
  • After Effects CC
  • Audition CC
  • SpeedGrade CC
  • Prelude CC
  • Adobe Muse CC
  • Adobe Edge Animate CC
  • Adobe Bridge CC
  • Adobe Media Encoder CC

等のソフトが全て使いホーダイ!!!

  • Photoshop CC
  • Illustrator CC

くらいは使用経験がおありではないでしょうか。似たようなことのできるソフトはありますが、「みんな使ってる」これがでかいです。情報の共有がしやすいと思います。

 

でも、Adobe PremiereProCCって難しいんでしょ?!

答えは「はい」ですw

画面からしてなんか見ずらいというか、機械機械してて不親切というか、ムカつきます。

けどYouTuber的な編集をする前提で、余計な操作をしなければそうでもありません。

そんなサイトを見つけました!!

Adobe Premiere Pro の初歩的な知識から基本操作

ここだけやれば、最低限の動画編集ができる操作を説明しています。

 

読み込み→カット編集→テロップ→書き出し

とやるべき事は4つくらいしかありませんw

まあ何かしら欲求は芽生えてきますから、辞書のような参考書を一から覚えることなく、その都度ググってそこだけ足していけばいいのです。

 

また先ほども書いた通りキーボードショートカット、特にカット割りの部分は押さえておくと一つの動画5時間かかったとして2時間くらいにはなると思います。素晴らしいところが、ボタンの配置が簡単に変えられる点です。ラインでカットして前詰める作業が「E」とかに割り当ててしまえば?、なんとなく時短の意味が分かっていただけると思います。

Premiere Pro CC のキーボードショートカット

 

いかがでしょうか。

いい画質の。音質で動画を撮ってそのまま使えれば最高で、編集ソフトもこだわらなくていいのですが、

そうはいかないもので、そんな状況に応じてご自分に適したソフトも選べると思います。

 

以上ご参考まで!!

ご覧いただきありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 売るべきものはこれだ!! , 2018 All Rights Reserved.