音楽やDTM、動画やWEBサイトお役立ち情報を中心にお届けしたいと思っております。

【荒野行動】全く知識0でやってみた

2020/05/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -

最近やたらとCMや広告またはプレイ動画で上がってくる荒野行動なるものをやってみました!

 

荒野行動とは

荒野行動は、中国企業のNetEase Gamesが開発、運営するiOS、Android、Windows用TPSバトルロイヤルゲームで、約100人のプレイヤーが無人島に降り立ち、最後の1人になるまで銃撃戦を繰り広げるサバイバルゲーム。基本プレイは無料で、アイテム課金が存在する。ウィキペディア

 

最大100人のプレイヤーが、島内にある装備などを駆使して最後の1人になるまで戦い抜くバトルロイヤル形式のサードパーソン・シューティングゲーム(ファーストパーソン・シューティングゲームであり、ストーリーは存在しない

約100人のプレイヤーがオンラインで集められ、ヘリコプターがマップを通過している間に、パラシュートを使って降り立つ。2人以上でプレイしている場合は、リーダーがチームの降下を一斉に行うモードを、任意で選択することが可能。降下後は、建物内などに落ちている武器や防具、回復薬や手榴弾などを拾い、それらを巧みに利用しながら、最後の1人になるまで戦う。

2018年5月時点で公開されているマップは、激戦野原、嵐の半島の2種類である。また、突撃銃、散弾銃、短機関銃、副銃、狙撃銃、近接武器などの、様々な種類の武器がある。マップ内には、車や船が配置されており、移動手段として利用することが出来る。特別な武器などの物資が入っている箱が、空より支給される。右上マップ上でランダムに出現する、赤色で塗り潰された範囲では、建物外に空爆が発生し、即死ダメージを喰らう可能性がある。

ゲーム内通貨として、金券、ダイヤの2種類が存在し、金券は課金でのみ獲得が可能。用途は、プレイ中の武器スキンや衣服等のアイテム購入、ガチャを引くなどである。

 

荒野行動ダウンロードしてみた

やたら大容量で時間かかります。。

通信費キニナル方は

最寄りのWi-Fiスペースとかがいいかも。

 

中国産って今気づいたけど、こういうヒットとなった時は軽く国境を越える人間のふしぎ。

言語選択

けっこうワールドワイドに展開しているようですね!

 

韓国語を含む言語がないのは

韓国の有名なゲーム

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS

をパクっているからなのかもしれません。

著作権侵害問題

2018年4月2日、韓国のゲーム会社PUBG Corporationが、アメリカのカリフォルニア連邦裁判所にNetEaseが提供する本作と『Rules of Survival』の2作品が著作権侵害に抵触するとして訴訟を提起した

PUBG Corporationの主張では、本作のゲーム性や作中に登場する建物・風景・車両・武器・衣類は、同社が開発する『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』と酷似しており、同社は「『PUBG』は回復不能な被害を被っている」として、両作品の配信および開発の差し止めを要求した

一方、NetEase側は「競合社のあらゆる提訴に強く反論し、今後その正当性を裁判等で積極的に明らかにしていく」「これからも荒野行動のサービスを継続していく」と主張した。また、この訴訟以降、サービスが終了するなどのデマ情報がネット上で拡散しており、これに対しても「荒野行動のイメージを侵害するだけではなく、荒野行動を今まで支持してくださっているプレイヤーを傷つける行為」「すべての虚偽提訴およびデマに対して、あらゆる適切な法的措置を講じる権利を有している」と声明を発表し、荒野行動の印象を損なわせるもの全てに対し、全面的に争う様子も見せた

似顔絵を作ろう

感情移入するためにも、自分そっくりに仕上げたいところですね!!!!!!!

プレイ開始!!

なんか、戦うことしかできないみたい(遅い)

サバイバルゲームですね。

ステージング

最初はヘリの乗ってきます

離陸!!!!!!!!

着地。パラシュート開かないと死ぬんでしょうか?

 

辺りを探索したいと思います。

建物に入ると武器が落ちてます。アイテムをそろえて狩りに出たいと思います。

ぜんぜん誰とも会わないので車を盗んで出かけてみた!!

降りた瞬間やられた!!!!!!!!!!!!!

なんか狙撃されて死にました。

薄れゆく画面の中アイテムを盗られているのが残酷な。。

 

レーダーを見て相手がどこにいるかに気を付けないと即死するようです。ハードル高すぎ!!!

でも遣られた瞬間もの凄い悔しいので、ハマる理由の一つかもしれません。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 売るべきものはこれだ!! , 2018 All Rights Reserved.