音楽やDTM、動画やWEBサイトお役立ち情報を中心にお届けしたいと思っております。

国民年金の免除申請ってどうやるの?手続き方法や必要書類を確認!

2020/05/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -

国民年金の免除申請ってどうやるの?手続き方法や必要書類を確認!

年々、少しずつ高くなっていく国民年金保険料…今年度(平成29年4月~平成30年3月)は、16,490円(月額)。昨年度(平成28年4月~平成29年度3月)の、16,260円(月額)よりも月額で230円高くなりました。。。

毎年こう高くなると、支払いがキツイ…という方も当然増えてくるわけですが、そんなとき、払わずに放置するよりも免除申請した方が断然お得!です。

この記事では、国民年金の免除申請について、手続き方法・必要書類・提出先・審査期間など気になる点をまとめましたので、良かったら参考にしてみて下さい。

国民年金免除の手続き方法

年金免除 手続き方法

1.国民年金保険料免除・納付猶予申請書を入手する。

入手方法は3つあります。

① ダウンロードしてプリントアウトする。
↓ ↓
国民年金保険料免除・納付猶予申請書

② 市区町村の役所・国民年金担当窓口、またはお近くの日本年金機構(年金事務所)へ取りに行く。

③ 日本年金機構に電話して郵送してもらう。

2.国民年金保険料免除・納付猶予申請書に記入する。

記入例※日本年金機構ホームページより引用

記入例

年金免除の申請期間は、非常にわかりずらく毎年7月~翌年6月までです。

3.添付が必要な書類を準備する。

必ず添付が必要なものとして、年金手帳(氏名の記載ページ)、または基礎年金番号通知書のコピー。また、失業などの特例制度を利用する場合は、失業した事実が確認できる雇用保険受給資格者証、または離職票のコピー。その他状況により下記の添付書類が必要です。

添付書類

※日本年金機構ホームページより引用

基礎年金番号がわからない場合や、年金手帳を無くしてしまった場合は、簡単に再発行してもらえます

4.申請書・添付書類を提出する。

提出する場所は、住民票住所の市区町村の役所・国民年金担当窓口、またはお近くの日本年金機構(年金事務所)で、郵送でも受け付けてもらえます。

5.提出後について~審査期間・結果の通知~など

審査期間はだいたい2~3ヶ月で、審査結果が郵送で送られてきます。

申請後、日本年金機構(年金事務所)から市区町村に申請者本人・配偶者・世帯主の所得状況の確認が入ります。その所得状況によって審査が行われ、全額免除・3/4免除・半額免除・1/4免除・免除なしの結果が出るという流れです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 売るべきものはこれだ!! , 2018 All Rights Reserved.